Q&A box
Q.最近眼瞼が下がって見えにくいと感じたことはありませんか?  

A.眼瞼下垂症とは正常の位置より眼瞼が下がっている状態です。
約8割は、その程度や左右差などさまざまですが、生まれつきとされています。
そして、残り2割が後天性であり、神経の異常によるもの・筋肉の変性疾患によるもの・外傷によるもの・年齢の変化によるものなどがあります。
後天性の中で比較的多いものが、年齢の変化による老人性眼瞼下垂です。この多くは、年齢の変化に伴って上眼瞼の余剰皮膚が垂れ下がって、視野を妨げてしまっている病態です。そして、それに加えて眼瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の収縮力が弱くなって伸びてしまったり、眼瞼の縁にある支えの軟骨(瞼板)から、筋肉をつなぐ靭帯(挙筋腱膜)が離れてしまっていることがあります。そのために、眼を一生懸命開いても、眼が十分に開かずに、見えにくい状況になっているわけです。この場合にはいくつかの手術方法があります。
まず、上眼瞼の余った皮膚を眉毛にテープで貼り付けてみてください。これだけで、眼瞼が十分開いてよく見えるようになった場合(余剰皮膚のみによる眼瞼下垂で、眼瞼挙筋の機能が十分ある場合)には、二重の線で余った皮膚を切除する方法(傷が二重の線に隠れるので、傷跡は目立たないが、やや腫れぼったい二重になる可能性がある)か、眉毛下縁で余った皮膚を切除する方法(自然な眼瞼の形を保てるが、眉毛の下の傷がわかってしまう可能性がある)でよく見えるようになります。
上眼瞼の余った皮膚を眉毛にテープで貼り付けただけでは十分眼が開かない場合(余剰皮膚に加えて、眼瞼挙筋の機能が不十分な場合)には、二重の線で余った皮膚を切除するとともに、伸びてしまった挙筋を短縮するか、離れてしまった挙筋腱膜を瞼板に縫合固定することにより、よく見えるようになります。
また、健康な若い人でも長期的にコンタクトレンズを装着している人の中に、眼瞼下垂がみられることが時々あります。これは、コンタクトレンズの慢性刺激で眼瞼挙筋と瞼板をつなぐ挙筋腱膜が瞼板から離れてしまったために、眼瞼下垂が発症してしまうことが多いようです。この場合には、二重の線を切開して、離れている挙筋腱膜を、瞼板に縫合することにより、眼が開くようになります。

最近眼瞼が下がって見えにくいことはありませんか。眼科か形成外科で診察を受けてみてください。通院でできる比較的簡単な手術でよく見えるようになれるかもしれません。

眼瞼
Q.巻爪は手術しないと治らないのでしょうか?  

A.陥入爪の治療方法には根治的手術療法と手術しない保存的矯正療法があります

陥入爪とは平たい爪の両端が食い込んで、痛みや感染を引き起こすような状態にある爪のことです。

根治的治療法としては、両側の食い込んだ爪の根本(後爪郭)にある、爪を作る細胞を含んだ組織を切除して、食い込んだ爪が生えてこないようにする手術方法があります。
しかし、手術後にしばらく安静が必要なことや、手術したにもかかわらず再発したり、手術部に一致して表皮のう腫といわれる出来物ができたりすることも決して少なくありません。また、特殊な陥入爪として、爪自体が丸くなって食い込んだ状態(弯曲爪)を呈している場合には、食い込んだ部分のみの手術では長期的には再発の可能性が高いので、爪をはがして、爪の形を作る細胞のある部分(爪床)を矯正する手術方法があります。この手術の場合には、新しい爪が生えてくるまでは矯正した爪床に負担がかからないようにするなどの徹底した後療法をする必要があります。このように陥入爪の手術に関しては、何度も感染を繰り返しているなどの状況でないと、私たち手術する立場からはなかなか勧めにくい治療法です。
陥入爪があったからといって必ずしも手術しなくてはならないわけではありません。陥入爪があっても痛みや感染を起こさなければ、治療の必要はありません。そのため、陥入爪で当院を受診された方には、まず爪を伸ばすことを勧めています。とくに両側の食い込んだ部分を皮膚より突出させるまで伸ばすことが大切です。両端をここまで伸ばすと爪の真ん中はさらに長くなって靴にあたるため、真ん中部分はできるだけ切る様にします。つまり、爪は丸く切るのではなく、四角く切るようにすることです。陥入爪で苦しんでいる方は、爪の両端が食い込むので、両端をできるだけ短く切ってしまいがちですが、この場合には短く切った爪が伸びる際に皮膚に食い込んで刺さってしまいます。逆の発想で、爪が刺さらないところまで伸ばしてしまえば食い込んではいても刺さらないので、感染する頻度は減ります。このように爪を伸ばしても感染を繰り返すようならば、根治手術の適応と考えて手術療法を勧めています。

また、形状記憶ワイヤーや繰り返し装着可能な矯正器具を使った保存的治療法もあります。
ただしこの方法は、恒久的な根治治療ではなく、あくまでも見えている部分だけの爪の矯正であり、爪が伸びてくる都度続けていく必要があります。しかし、仕事や学校の都合で今は手術治療が受けられないという方、手術に対する不安が強いのでどうしても手術は受けたくないという方、心臓疾患などのために血液をサラサラにする薬を服用しているために手術を受けることができない方には良い治療方法と考えます。この矯正治療の場合にはワイヤーや矯正器具を爪の先端に装着するために、爪を5mmくらい伸ばしておく必要があります。この伸ばした爪に2か所の穴をあけて、そこに形状記憶ワイヤーを通して、ワイヤーの力で徐々に爪を矯正していきます。矯正器具の場合には、この伸ばした部分にクリップをはめ込んで、このクリップの弾力によって徐々に爪を矯正していきます。どちらの方法でも、爪が少し長い状態であることを除けば、生活には全く問題がなく、徐々に爪が平らになっていきます

巻き爪